漫画教室*第63回 馬

ハンブルトニアン号のマッサージ(1799)

mp1

ジョージ・スタッブス(1724-1860)作
ナショナル・トラスト(イギリス)所蔵

mp1

動物画といえば
この人でしょう

そして
ハンブルトニアンは
当時最も強くて有名だった競走馬
鍛え抜かれた肉体がお見事です

18世紀イギリスでは
探検旅行から持ち帰った
珍しい動物による博物誌の制作や

生活に余裕のある
貴族やブルジョワ階級の
狩猟と競馬の絵画の注文で
動物画が大人気

その中でスタッブスは
最も素晴らしい馬の絵を描く画家として
名を馳せていました

というのも
彼は解剖学に通じていて

馬においても解剖し
筋肉や骨はもちろんのこと

薄皮一枚ずつ剥がしながら
血管や筋まで詳細にスケッチしての
絵画作品ということで

その描写品質の精巧さは
他の動物画家とは
雲泥の差ということです

その技を
もう少し見てみましょう

すごいですね
この緊張感

顔の筋肉キョーレツに
引きつっています!
足もすごいです!

そして



うぎゃーっっ!

馬だから
ヒヒーン!
でしょうか?

首の筋肉モリモリです!



こんな素晴らしい名画を
利用しない手はありません

ということで
本日の課題は
「ハンブルトニアン号のマッサージ」です

ダウンロードは
こちらから

ハンブルトニアン号のマッサージ作成シート

mp1

*本日の課題作成見本*

1. 右上の空欄に使用画材の商品名とメーカー名を記入。
2. 好きな画材で自由に着色。ただし名画の模写というつも
  りで、できるだけお手本に忠実に着色してください。 
3. 表皮の下の筋肉、そのまた下の骨などしっかり感じ取る
  ことができるお手本です。解剖までした画家の気分に 
  なって骨の下の内臓まで感じなから着色してください。
4. 感想欄に、うまくいったところ、うまくいかなかったと
  ころを記入。                   

mp1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です